会員の声

『夫の交通事故の後始末に奔走した。腹が立ってどうしようもなかった。
夫は相変わらず飲んでいる。「私がやるしかない」とかけずり回っていた』
『昔と違う夫の行動や態度に最初は戸惑っていた。
あまり長く続いたので、今の状態が夫の人格だと思いこんでいた』
『近所や親戚に夫のしたことをひた隠しにしていた。
自分ひとりでなんとかしようと思ったがなんともならないのが現実であった』




Copyright© 2005 公益社団法人 静岡県断酒会 All Rights Reserved.