会員の声

『今日も酒のことでガミガミ言う。最初は我慢していたが大声を出さないと黙らない。
最後には、何か言われると「バカヤロー!」「黙れ!」が夫婦の会話になってしまった』
『朝起きると、隠しておいた酒や空瓶がテーブルの上に並んでいる。
家族の冷たい視線を感じるがあえて何も言わない。黙って仕事に行く。
残った家族の会話は耳にタコができるほどわかっている。家族との会話が無くなってしまった』
『ウィスキーの空瓶に水を詰めてサイドボードに飾っておく。しばらくはバレないはずだ。
一晩で飲んでしまった。上物ウィスキーの味も思い出さない。酒ならなんでもよかった』
『酒を飲むことしか頭になかった。事実酒を飲むことしかしていなかった。後のことはいつも後まわし』


Copyright© 2005 公益社団法人 静岡県断酒会 All Rights Reserved.